IRポリシーCorporate Information

IR活動基本方針

当社は、「株主満足度の最大化」を経営基本方針に掲げており、IR活動を事業活動と同様に重要視してまいります。
IR活動をするにあたっては、常に誠実に当社の経営戦略や財務状況等に関する正確な情報を公平かつ適時・適切に提供し、機関投資家・アナリスト、個人投資家等にその内容を的確に理解していただけるよう努めることで、信頼と正当な評価を得ることを目指します。

情報の開示について

当社は、特定の個人・機関に情報が集中しないよう、適時・公平な情報開示に努めます。
情報開示の方法は、「適時開示規則」にしたがって「適時開示情報伝達システム(TDnet)」にて公開し、その後遅滞なく本サイトにて掲載いたします。
なお、「適時開示規則」に該当しない重要情報以外の情報につきましても、TDnetにて公開し、遅滞なく本サイトにて掲載いたします。

未公開の重要情報について

当社は情報の公平性の観点から、機関投資家・アナリスト、個人投資家様等にご説明できる事象は、既に発表(開示)されているか周知の情報とさせて頂きます。また、未公開情報や重要事実に関しては一切言及いたしません。

業績予想および将来の予測に関する事項

当社が発表する業績予想並びに将来予測は、本資料作成時点で入手可能な情報に基づき当社が判断したものであり、潜在的なリスクや不確実性が含まれております。そのため、事業環境の変化等の様々な要因により、実際の業績において、言及または記述されている将来見通しとは異なる結果となることがあることをご承知おきください。
なお、同様にアナリストの皆様が予測される当社の業績に関しても、アナリストご自身の考えに基づいたものであり、当社はその数値についての責任を負いかねます。

株価情報について

本サイト上で公開している株価情報はYahoo!ファイナンスのウェブサイトへリンクするものであり、当社が自ら提供する情報ではなくその内容を保証するものではない旨、あらかじめご了承願います。 また株価に関しましては、市場の売買により適正に決定されているとの認識にたち、株価や出来高ないし株価に関連する発生事実につき、当社は一切言及しない方針です。

IRポリシーの社内徹底

当社は本ポリシーを折に触れ全社に浸透、徹底してまいります。
また、機関投資家・アナリスト、個人投資家等からのお問い合わせは、IR担当部署が責任を持って対応します。これは当社とその社員を証券取引法を含むあらゆる法的責任から保護することを目的としています。

IRの自粛期間

当社では、各四半期末から決算発表日までを「IR自粛期間」とさせて頂きます。 その期間につきましては、当社役職員は事業の見込・実績・計画(業績等にかかわる情報)について、特定の投資家及び各媒体に対しまして見解及び取材をお受けする事を控えさせて頂く事としております。但し当該期間中に、将来の見通しが大きく乖離する可能性があると判断した場合には、適宜修正・変更を含めた情報開示を行うこととしております。